スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラベンダー

ラベンダー

学名:Lavandula officinalis
科名:シソ科
抽出部位:花・葉
主産地:フランス、イギリス
抽出方法:水蒸気蒸留法
主要成分:酢酸リナリル、リナロール

誰もがアロマオイルというと、ラベンダーを思い浮かべるほど代表的な植物です。
ラベンダーはラテン語で「ラワーレ」=(洗う)という語源だといわれています。
体や心の汚れを洗い流すというところからきているようです。

<心にたいして>
不安・怒り・迷いなどを鎮め、深いリラックスを得ることが可能。
また、質のよい睡眠を誘発するといわれ、不眠などを解消してくれます。

<体にたいして>
ストレス性の疲れ、頭痛、肩こり、腰痛、高血圧などの症状を改善するといわれています。
皮膚にたいしては、消炎作用・抗菌作用・細胞修復の作用などもあるため、火傷や日焼け後の皮膚の炎症を落ち着かせるなど、外傷や美容の分野でも幅広く使われています。

**精油を選ぶポイント**
フランス産のものが高品質といわれている。
成分表をチェックすると更によい。鎮静作用の強い酢酸リナリルが全体の40~60%含有されているものを選びましょう。



スポンサーサイト
Orange Blossom*
オレンジブロッサムのHPはこちら↓
Orange Blossom*
セラピストemikoの気ままブログ↓
aroma cafe
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。